「おー、ハラショー!」 露大統領が来日してるからではないですが・・・。

営業のこばやしです。

商品の引き取りを終え帰社途中、大変心あたたまる光景を目にしました。

いつも給油をしているガソリンスタンドの交差点の先頭で信号待ちをしていると、突然・・・。「きゃぁっ!!」

横断歩道の真ん中で横断中の若い女性が前方に転倒し自転車だけが前方に一回転(でんぐり返し)する様子をガン見した・・・。

「えっ!?、何っ?何っ?何っ?」

何事か!?と思いついつい傍観してしまった。(汗

予期せぬことが目の前で起こると、物事を理解しようと思考回路が働くみたいです・・・。(汗々

何の段差もない普通の交差点のど真ん中で、普通にゆっくり自転車で走ってる人が、いきなり何が原因でそうゆう状態になるのか全く理解できない・・・。

こっちの思考回路もパニック寸前・・・。

若い女性は足を負傷したようで立ち上がろうとするが立ち上がれない様子、左折の車も進入してきて危険な状態・・・。

道路に思いっきり手をついて、これまた思いっきり地面にヒザ打ち付けてたよな~、パンスト破れてるし~。

挙句の果てに、自転車が上から降ってくるし・・・、踏んだり蹴ったり・・・。可哀想やな~。

足首、捻挫してるんちゃうやろか?助けに行かんとヤバいかな?行くか?

で、そこで「大丈夫?動ける?」とでも登場すれば格好良かったのだろうが・・・。

 

颯爽と登場したのは・・・、ガソリンスタンドのスタッフの男性と給油中の男性。

二人はその若い女性に近づき声を掛けながら、女性と転倒してる自転車を無事に歩道まで誘導しました。

「おー、ハラショー!」(心の叫び)

【ハラショー!】(ロシア語)意味:素晴らしい!  子供の頃、漫画ブラックジャックに出てきた言葉で友達間で一時的に(当然、超ローカルエリアで・・・)流行った言葉。何かにつけて、「ハラショー!」「ハラショー!」と言って騒いでた記憶がある。いまだに、口には出さないが、何かにつけて「ハラショー!」と心の中で叫ぶ癖?が治らない。(笑

無傷ではないが、とりあえず無事でなにより。

信号が青に変わったので、その若い女性が苦笑いしながら、お二人に何度もお辞儀をしてる光景を目にしながらその場を立ち去りました。

でも、こんな時とっさに行動できる人って憧れますよね~。かっこいい!

 

皆さんもこんな場面に遭遇したら、とっさに行動できますか?

お年寄りなら、もうちょっと早く行動できたと思うんだが・・・、なんせ若い女性となると躊躇してしまいますよ・・・。(照

ローム株式会社本社のイルミネーションは、まだ点灯する時間ではなかったんですが、お二人の行動になんだか心あたたまりました。

ありがとう。

そして、もう一度「ハラショー!」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>