京都マラソン2017

営業のこばやしです。

昨日は京都マラソン2017が開催されてましたねー。

もう6回目だそうですよ。参加者が16,000人?で、参加希望者は6万人弱?(重複エントリー可)、競争倍率4.3倍だとか・・・。

参加(エントリーすら)したことはないんですが・・・。(笑

例年の如く、うちの近所(松尾橋東詰付近)がマラソンコースで午前中の移動はかなり困難なのです。

交通規制と迂回で身動きが取れない状態に・・・。(汗

数年前、京都マラソン当日とある行事に出席することになったんですが、遅刻するかと冷や汗もんでした・・・。

当初、車移動を企んでいたのですが、市内中それも場所も時間もバラバラで交通規制があると聞き(ん~ヤバいな~ツボにはまったら身動きとれんぞ~)やむなく電車とバスで北白川までと、決断したのが号砲直前。近所をランナーが通過しはじめるのは早くても20分後ぐらいと思っていたら、すでに規制で道路を横断できない状態・・・。当時「松尾駅(阪急嵐山線)」から阪急電車に乗車するにはどうしても四条通か罧原堤を渡らなければならない状況。ボランティア警備の学生に「渡りたいねんけど・・・。」と懇願したが『ダメです。渡れません。』の1点張り・・・。そこで、トランシーバーを持ってる一番偉そうな(警備長的な)おじさんを見つけ再度懇願「次の電車に乗りたいねんけど・・・。何とか渡らしてもらえへんかな?」って・・・。すると、すかさずおじさん『すいません。もうじきランナーが通過するんです。最後尾が通過するまで渡れないんですよ。』と言うものだから・・・。散々必至で懇願していたわたくしは、礼服姿で「(っつ、お前もか!そんぐらい分かっとるわ!そやしお願いしとんやろが!)まだ、ランナー来てへんやんけ!最後尾って何時やねん!?大事な新入社員の卒業式に出んのんじゃ!来賓で!遅刻したらお前責任とんのか!?」とブチ切れました・・・。(汗)周囲の注目を浴びながら、沿道で怒り心頭の礼服姿のわたくし、渋々トランシーバーで何やら相談中のおじさん・・・。今思えば、異様な光景。つーか、ご近所なんですけどー(汗)で、おじさん『わかりました。私について来て下さい。』と言いボランティア警備の学生を呼んで、まるで横断歩道を渡る小学生を守るように数人で道路に横断できる道筋をつくってくれました。(汗)『ありがとう・・・。(汗)』とは言ったもののその時はもう恥ずかしさの方が先に立ち、松尾駅まで猛ダッシュ!!拭った汗でハンカチは搾れるぐらいビトビト・・・。真冬なのに大汗かと思うと拍車をかけて汗は止まらんしシャツもかなりヤバかった。けど、まだ出だし・・・。(汗)河原町駅に着いたら時間は大丈夫そうだったが安全策でタクシーを捕まえた。タクの運ちゃん曰く『市民マラソンの時はランナーが長蛇になるし厄介。規制を避けて走るのが大変。バス?バスは迂回するし目的地まで行けるかわからんで~』って、タクシーで正解か~。(笑)余裕をもって会場入りできたし、無事に卒業式を終えた。生徒さん達の作品をしばらく観賞してバスで帰途についた。座席に座ったら、苦痛な表情のランナー達を横目に(まだ、走ってるんか~がんばれよ~)と応援しつつ寝そう・・・。(なんか疲労困憊やし・・・)マラソン走った気分になった・・・、眠い・・・。寝過ごした・・・。(苦笑)

が、数年前のお話。

なので、今年は自宅でゆっくりTV中継を見ながらそのまままた寝た。(笑)

だって、前日の飲み会でam2時まで遊んでたんですから・・・。(笑)

タクシー捕まえ損ねて西院から梅津まで結局歩きました!(笑)

ランナーの皆さんお疲れ様です。マラソンは己との闘いですよねー。尊敬します。

こう見えて、短距離も長距離も結構速かったんですよ!・・・30年前は。(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>