1. 自分史

  2. ポスター

  3. ホームページ制作

  4. 病院様向け印刷物

  5. 飲食店様向け印刷物

  6. 伝票類

  7. 封筒

  8. 紙袋・包装紙

  9. 店頭ポップ

  10. チケット・クーポン類

  11. シール・ラベル・パッケージ

  12. カレンダー

印刷・デザイン

便乗…。w

営業のこばやしです。

一枚の自分史に便乗して…、久々の投稿です。

「一枚の自分史」私が選んだのは子供の頃の写真です。

1979年10月28日と裏に母の字で記載されてます。

小学校6年生(11歳)当時の写真ですね。

ベースボールキッドです。かわいいでしょ(笑)

数ある野球をしてる写真の中で唯一1人で写ってるお気に入りの写真なんです!

って発表すると「写真の表面が凸凹…、コレって…。」って若い子に驚かれました。(笑)

オイオイ…、見るトコちゃうやろ!?そこに食いつくかぁ~(笑)

デジカメ世代には見たこともない昔の写真なんか…。(汗)

いやいや…、君たちの親御さん…、σ(゚∀゚ )と同年代か年上のはず…。

家に帰って、アルバムを見せてもらいなさい。

きっと同じような凸凹写真があるはず。…たぶん。(汗)

『凸凹写真』ってなに?

写真屋さんで印画紙に写真を焼き付ける時には、今でも写真の仕上がりを指定できます。

『光沢(滑面)』『絹目』などなど…。その中の『絹目』『縮緬』などが凸凹写真になります。

『ツルツル写真』のプリント紙だと指紋や誇り、汚れが付着しやすく傷もつきやすいので取扱注意です。

昔のアルバムは、指紋や汚れ、傷から保護するフィルムが被さっていましたね。

写真は非常に貴重な思い出の一瞬だったんです。

光の反射が映り込みやすく大きな写真だと見にくくなります。

データ化する時は『ツルツル写真』の方が簡単です。

『凸凹写真』のプリント紙だと指紋や汚れが付着しにくいです。

雑(空き箱など)にドサッっと保管してても誇り、汚れ、傷がつきにくいです。(笑)

写真の感じが柔らかくなり、高級感があるとされてます。

結婚式の写真や記念写真などは『凸凹写真』が多いみたいですね。

四隅を引掛けるタイプのアルバムは『凸凹写真』の方が向いてます。

データ化する時は凸凹を軽減する方法を駆使する必要があります。

用途を知れば、目的に合った写真プリント選びができるってことですね。

知ってました?(笑)

あッ!一枚の自分史のお話…、次回ってことで…。(笑)

 

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。

Recent Posts