空調服

営業の こばやしです

まだまだ残暑厳しい日が続きますが…、皆様お気を付けてお過ごしください
と、言うのも…、さっき外に出たのですが…、いやいや暑すぎます…、16時でしたけど…
脱水症・熱中症等にならない様、こまめな水分補給と無理をしない事が肝心です
てゆーか、ほんの数分間歩いただけでしたが、無理できないぐらい暑かったですw

そー言えば!!、先日お得意様の軒先でお二人が立ち話でこんな会話をしてましたw
「あっ!それっ!空調ズボン!?マジかw!?」
「そそw、バッテリーが、ちと重いねんけどw」
最近、日中屋外で作業をする人には空調服がステータスになりつつありますが
次は空調ズボンの時代か?!とw
空調服も空調ズボンも実際に着たことはないので、どうなのかは分かりませんが…
空調服があれだけの需要があるってことは着てる方が断然快適なんだと思いますw
まー、屋外作業では空調服の有無が死活問題なんでしょうから、必然なのでしょうね
ホントにご苦労様です、くれぐれもご注意ください

と、浅はかな考えをしていましたw
今や空調ウェア(あえてウェアと言いますw)は、子供用からレディース…
やっぱり!!のペット用までw笑笑

流行りの自作キットとかも販売してるんですよw 自作キットは心動かされますねw笑笑
人用の空調服に関しては、2ファンは最早時代遅れなんですw
4ファンや6ファンまでありますから!!6ファンなんかは、宇宙服さながらですw
冬には、ファンを取り外せてマジックテープ付きワッペンで穴を塞ぐ仕様になってるとかぁ~
驚きです!! やっぱり売れるものは派生が凄い!!
そのうち、ブランド品の超お洒落な空調ウェアなんてのも出てくるんじゃないでしょうか?
それは、いくら何でもないですかね???笑笑

空調服は見たことはあったけど…、コレだけ奥深くなっていたとは思いもよりませんでした…
どんな世界にも、奥深いところはあるんだなぁ~と、改めて再認識しました

印刷や情報発信の世界も同じ事が言えますw
一般的に知られている風潮ではありますが、まだまだ奥の深いところは沢山ありますのでブログで少しでも知ってもらえるように努力していきますw

あっ!農作業用に空調服を一着自作してみよっかなぁ~w笑笑
で、背中にオリジナルプリントして!!なんて、思ったりw

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>