UV印刷(荒業実験編)

こんばんは、生産部のあしだです。
本日は好きなミュージシャンの無観客オンラインライブをお家で鑑賞したのですが…予想以上に楽しかったです!
普通にネットで前売りチケットを買って、普通に物販は事前にネットショップで購入できて、普通に開場時間にログインして開演までわくわく待機。
もう普通と違うのは自分が会場に居ないことだけですよね(突然のポジティブ思考)
個人的には開催日時が平日の晩というのもあるあるでリアルでいいなと思いました。
普通にライブハウスに行ける日々が早く戻るといいなと願いつつ、音楽が好きなのでこんなイベントもこれからたくさん増えてほしいなと思った次第です。

さて弊社にあるMIMAKIのUVインクジェット印刷機について…
フラットヘッド印刷機なので基本的には平面の素材に平行にピントを合わせて印刷するものではあります。
そのため凹凸の激しい素材ですとピントが合わずボケて印字されてしまう部分がでることもあります。
ただ、日々色んなものに印字して実験をしてみているのですが、若干の緩い斜面には耐えられるようです。
例えばゴルフボールでしたらてっぺんから直径20ミリくらいまでに印字ができます。

↑こちらは私の愛用している?電卓です。
写真では分かりにくいかもですが、デジタル表示部分緩めの斜面になっています。
お遊びで左上部にあったCASI〇さんのロゴをプリンタの白インクで消しつつ同時進行で名入れをしてみました。(ついでにそれっぽいフォントで)
これは極端な荒業ですが、こんなものに印刷出来るの?と少しでも気になったことがございましたらお問合せ下さい!
お問合せいただいた内容には翌営業日までにはご返信させていただいておりますが、もしメールが届かない場合はトラブルの可能性もございますのでお気軽にお電話ください。

その辺に置いてある電卓をキーボードのテンキーと間違えて打ってしまうのは何故でしょうね?これは生産部で流行している病気です。
それではまた。読んでくださりありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>