カメラって楽しい

こんにちは😊辻井です。

皆さま連休いかがお過ごしでしょうかで?

大型連休の方もいらっしゃればカレンダー通りの方もいらっしゃると思いますが弊社は12日まではカレンダー通り営業しております。勝手ながら13日から16日お盆休みをさせていただきます。

私ごとですが最近カメラに凝っております。カメラを始めたのは、異業種交流会で広報委員会の委員をさせていただいたのがきっかけです。一期二年で前期、私は事業報告斑に任命され2年間📝文章を作成してたのですが、カメラ班の撮影してる姿が、とても素敵で格好良かったのと、その出来上がった写真を見ると「人の笑顔やその時の空気感」が伝わってくる写真で「自分もこんな写真を撮ってみたい」とカメラを購入しました。

今期も広報委員をさせていただきカメラ班を志願して写真をガンガン撮らせていただいてたのですが…新型コロナで交流会の集まりが2月頃からストップして写真を撮る機会が無くなって淋しいです。(T . T)

カメラも😍埃をかぶっていたので、夜景など撮りに行ったのですが全然きれいに撮れない…

そこで前期広報委員長に「一緒に夜🌉撮影に行って写真の撮り方など色々教えて欲しい」と頼んで連れて行ってもらいました。

絞り 、シャッタースピードとISOの組み合わせを変えると撮れかたはどう変わるかなど教わりながら撮ってみると、めっちゃイイ写真が撮れるようになりました。

いい感じでしょ〜🎶

こんな写真を自分が撮れるなんて✨ご指導ありがとうございました。m(__)m

この連休いっぱい写真撮ってみます。
イイ写真が撮れたらまたアップします⤴️

こんなこともできるんですyo!【図書館製本編】

営業のこばやしです
最近学生さんの姿を見かけないのは、夏休みなんですね…、すっかり他人事ですw
あー、夏休みぃ~♪」いいですね!けど…、今年の学校夏休みは短いって聞きます…
新型コロナの影響で1学期がほぼ無かったに等しい中でカリキュラム消化…、はっきり言って「酷」以外ナニモノでもないですよね…
やればいいってモンでもないでしょうに…、それに加えて学業環境の急変…、戸惑いを隠せない子供とその親御さん達も沢山いるとか…
新型コロナの影響は様々なところで、まだまだ根深いですね…

で、その夏休みと言えば「自由研究」でしょうw、好きなことを自由に研究していいんですから、こんなに楽しいことはないですねw
自由研究の題材になるかどうかは分かりませんが…

「製本」ってご存じですよね?本にする事ですw
製本にも種類は沢山あります、上製本、中綴じ、無線綴じ、等々、用途や予算に応じて製本の種類を決定するんですね
読み捨てぇ~られるぅ~♪雑誌は最低限の強度と低コストとか、貴重な資料や記念誌などは、長く保存できる事が絶対条件!など判断基準が様々あります
調べてみると結構楽しいかもですね、「自由研究」頑張ってくださいw

そんな中「図書館製本」って聞いたことありますか?

図書館製本とは

(補修や修復、補強などのために再製本する事を指します)

・製本済や仮製本の冊子を利用に耐えるようにやり直す改装製本
・破損した本を製本し直す修理製本
・軽装本などを利用頻度を考慮して補強する事前製本

などです、熟練した製本技術が必要なので誰でもできるってワケではありませんw

図書館製本の前作業(平綴じ冊子1年分をハードカバー表紙に仕上げる)
平綴じ冊子・例会等で配布される平綴じ冊子
平綴じ冊子ウラ・ウラ面は大抵こんな感じですねw
ホッチキスリムーバー・ホッチキスリムーバー登場!!

コレの名前って知ってました?「ホッチキスの芯トルやつ」って名前じゃないですw
仕事用なので、100均のリムーバーじゃないですよ!高価なリムーバーを使ってます
更にオリジナル改造してあるんで、紙も傷めずにきれいに取れるんですよね!
平綴じ冊子からの図書館製本には!なくてはならない便利な道具ですw

リムーバー使用中・丁寧に芯の除去を行います
リムーバー使用後・有ると大変重宝するリムーバー

図書館製本をする上で製本作業が肝心なのは当たり前ですが
前作業における一番のは、この作業です…、外側の見てくれが良くても中身が破れていたり…、大きなホッチキス痕があっては台無しですから

リムーバー使用中オモテ・後はリムーバーを差し込むだけ
リムーバー使用後オモテ・最小限のホッチキス痕のみに!
ホッチキスの芯・1年分だとこんな感じになります

ここまでが前作業w

ですが、この前作業を丁寧にする事によって仕上がりは格段に違います
後はどんな仕上がりにしたいか?

図書館製本・完成品(左上)前作業中(右下)

大切に残したい軽装本や資料も、しっかりした本にする事が可能です

もちろん1冊から

こんなこともできるんですyo!【図書館製本編】でした

掃除が楽しくなりました!

こんにちは!
梅雨も明けて暑い暑い毎日になってきました。マスクが暑い~ですね
自宅内でマスクはずしてると外出時についつい忘れて取りに帰ることも!ある生産部の湯浅です。
さて本日はそんな外出中にとっておきのお役立ち商品をご紹介します。 これ↓を購入してから本当に掃除が楽になりました!

頑張り中!

有名メーカーの高級なお掃除ロボットではないのですがAmazonで評価も高くiPhoneアプリで遠隔地からの操作もできる優れものなんで購入しました。

使ってみた感想は
少々の段差もこなしてくれるし自動で充電器からスタートして自動で充電器に帰っていき充電中になります。
目に見えないくらいのチリやほこりも吸い込んでいて頼もしいです。

おかえりなさい〜

初めて使用した時には、自宅に帰るとその辺にあった他の家電のコードに引っかかって息絶えておりました。
なんやこりゃ使いもんにならへんやんと思っておりましたが、
それからは前もってコード類を床からのけてちゃんと準備してから出かけている間に掃除完了してくれて助かっています。
1時間40分位部屋の隅々までじっくり頑張ってくれて動きをみてたら生き物のようで笑ってしまいます。

リンゴのシールは後から貼りました。アップルの製品ではございません。
フローリングの気になるホコリも解消でき、空いた時間が有効に使えるいい商品でした。
私もロボットを見習わなきゃな〜

夏の風物詩の疑問

こんばんは、ティーアンドピー生産部あしだです。
ここ数日のうちに急に夏が本気を出してきて、びっくりグッタリな今日この頃ですね。

Google先生に「夏」について聞いてみると ↓  謎の開始日時(?)と終了日時(?)に笑ってしまいました。
どうも夏至から秋分の日までが表示されているだけのようです。

さて月並みな話題なのですが、皆様にとって夏の風物詩といえば何ですか?
最近私はビビりなのにネットに投稿されたホラー小説(若しくはノンフィクション?)を読むのにハマっています。
ホラーといえば私が小さい頃は毎年夏には怪談番組やオカルトっぽい内容のテレビ番組が放映されていたような?(今も結構してるんでしょうか?)
当時「学校の怪談」というシリーズ物のホラー映画が毎年夏に上映されており、友達と見に行っていたように記憶しています。
「夜の小学校で4月4日AM4時44分にだれも知らない授業が始まる〜」みたいなコピーを背負い、子供達が肝試しに出かけるみたいな内容で子供向けの作品のはずなのに普通に怖くビビりまくっていた気が。記憶が曖昧すぎる。
そしてその映画を見た後、運悪くその時間に目が覚めたりして怖かったような…
因みにこの時期は4月4日ではなく夏。日の入りはAM5時過ぎらしいので、今思うとあと20分くらいで朝なのでそんなに怖くないですね…当時は怯えまくっていたのですが。
稲川淳二をよく見るのも夏(笑)。個人的に家に置いておきたくないほど怖かったホラーゲームSIRENも物語の舞台は夏。
ホラーは何故夏が多いのでしょう?
おばけ

この前無性に今すぐ小野不由美さんの『屍鬼』が読みたい~!!と思い立ち電子書籍を探したのですが、電子は出版されていない作家さんでした。
調べてみますと電子書籍を出されない主義の作家さんは結構いらっしゃるのですね。

ついでに昔、電子書籍についてのブログを書いていましたのでよろしければ…。

そういえば私たちの世代に大人気だった『十二国記』も電子で見たことないもんな~とか考えながら、紙の本にするかと書店に向かい、
夏の風物詩平積みのホラー書籍コーナーやら作家コーナーを探したのですがお目当てのものはない…

代わりに夏の文庫フェアコーナーに、文庫に交じってとっても可愛いものが並んでいました!! (なんとここからが本題です)

文庫サイズの自由帳なのですが

中まで可愛い!これは買い、もはや推薦図書!!

ついでに夏のおすすめ本の冊子もいただいてきました。

特に角川文庫の冊子が謎解き要素があり面白かったのでよろしければ手に取ってみてください!

さて夏は何故ホラーを見かける機会が多いのか、
よく言われる暑い時期に怖い話を聞くとゾッとして涼しくなるからというわけではないそうです。
実は昔から日本人にとって怪談は夏の風物詩だったそうです。

時は空調のない江戸時代。暑い夏は歌舞伎の客が少なかったため人気俳優などは休暇を取ったり地方に出かけたり。
人気役者が不在の中、若い役者たちが盛り上げようと舞台上に水を張ったり、幽霊の宙づりなどの仕掛けを施した怪談狂言が流行しました。また、夏はお盆があり死者の魂が帰ってくる季節だからというのもあるようです。

なるほど!?なんだかひとつ頭がよくなった気がします。

耳元でびっくり

まだまだ新人のDです
皆様 こんにちは 毎日暑いですね
蝉がどんどん ふえてたくさん鳴いてますが  
今朝 耳元ですっごくでっかい音で鳴かれたので
びっくりしました
虫がとっても苦手なので1メータくらい飛びました(自分)
飛んでこなくてよかった
あと 誰にも見られてなくてよかった(^_^)

 

夏本番!!

皆さんお元気ですか?オールドマンです  先日、近畿地方の梅雨明けが発表されましたね~(^^)d 長かった~(>_<)
なんでも今回の梅雨明けは平年より10日ほど遅く、去年より7日遅いとのことでした  梅雨期間が長く続いたことによって『令和2年7月豪雨』を引き起こすなど記録的な大雨に見舞われ梅雨期間の降水量は平年の2倍だったそうです(*_*)
よく雨が降るなぁ~って思ってたのはあながち気の迷いではなかったんですね~(^^; 梅雨明けしたらいよいよ夏本番です!!(^-^)v                 


皆さんこの夏は何を計画されてますでしょうか?海?キャンプ?プール?色々ありますね~
コロナの影響もあって例年の夏のような計画はできないかもしれませんがせっかくの夏なんですから何か思い出に残ること考えて過ごしてくださいね~(^^)/
気象庁の話しではこの先高気圧に覆われて日差しの強い日が続くそうです(^^;
最高気温は連日30℃を越えます  皆さん熱中症対策をしっかりと実施してくださいね  (^^)d
では皆さんまたお会いしましょう

納涼会 京都の夏の風物詩 鴨川納涼床

皆さまこんにちは。いつもお世話になり誠にありがとうございます。辻井ですm(__)m

今年の梅雨はとても長くじめじめした日が続いていましたが、先週末には梅雨も明け夏空を見ることが出来ましたね!
梅雨も明けたので、

テレビでよく見る京都の風物詩、川床(かわどこ)にいってきました。

生まれも育ちも京都ですが、実は鴨川の床は初めてなんです。

川床は、貴船は「かわどこ」、鴨川などは「かわゆか」と呼ばれ、違いは床の組み方のようです。
貴船は川面から低い位置に組まれ、床の間のようなところから「かわどこ」、鴨川や高雄では、川面から高い位置の高床式なので「かわゆか」と呼ばれています。

寄せていただいたお店は【先斗町 多から】さん というお店です。

入り口から京都のお店って雰囲気でわくわくして入店し、わくわく過ぎて入り口の写真も撮れませんでした。(;^ω^)📷
出てくるお料理もすべて美味しのですが、川床というシチュエーションのおかげもあって、さらに美味しさが倍増しながら京料理を味わうことができました。ダイエット中なのに、いつも以上にお酒も進んでしまいました。(^^ゞ
お料理の中で私は鮎が一番美味しかったです。頭も骨も柔らかくまるごといただけて、この鮎だったら10匹は食べれそうです。(笑)
日が暮れ南座の屋根の上には綺麗なお月様もみえてさらに雰囲気も上がりテンションも絶好調となり飲みすぎてしまい綺麗なお月様の写真も撮ることなく。。。
コロナ渦なので名残惜しかったのですが二時間で帰宅しました。

皆さまも機会があれば是非行ってみてくださいませ!