1. 自分史

  2. ポスター

  3. ホームページ制作

  4. 病院様向け印刷物

  5. 飲食店様向け印刷物

  6. 伝票類

  7. 封筒

  8. 紙袋・包装紙

  9. 店頭ポップ

  10. チケット・クーポン類

  11. シール・ラベル・パッケージ

  12. カレンダー

CTP(コンピューター・トゥ・プレート)での製版・オフセット印刷。

顔料油性インクによる印刷。最初に印刷の版を作成し、版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写した後、紙などの被印刷体に転写するため、オフセット印刷と呼ばれています。
それが原版となり、大量印刷に適しています。CMYKカラーの他に、特色(DICカラー)を使うことが出来ます。
商業印刷や美術系の印刷の多くはこのオフセット印刷が用いられています。
ケイワンプリントでは、デザインにより使用する印刷機の規格が変わるため、料金のご案内は原則としてお見積りとなります。

■オフセット印刷のメリットは?
特色は指定色のインクで印刷するのでDICカラーが使えます。CMYKでも可能です。
大量に刷ると単価が下がります。高解像度の原版により、文字の輪郭やエッジがシャープに仕上がります。

■オフセット印刷のデメリットは?
最初に作成する版の製版コストがかかるため、小部数の印刷には不向きです。
小部数の印刷も可能ですが、1部あたりの単価が割高になります。

CTPとは

●CTPのメリット
CTPとはコンピュータートゥプレート(Computer to Plate)の略で、デジタルダイレクトプレートセッター(製版機)のことです。 近年CTPと言われているのが、アルミCTPです。アルミCTPは決して新しい技術ではありませんが、価格・品質・生産性と共に 実用に耐えうるレベルに達した製品が登場しました。CTPを利用することによって、入稿データから直接製版作業を行うため、 フィルムから刷版への焼き付けという作業がなくなり、網点の太りもかすれも減少し、5%以下の網点も表現が可能になり、 この結果、よりイメージに近い安定した製品が出来上がります。

●地球環境に配慮した製版
我が社では、京都でもいち早く最新の機械を導入し、環境に対しての直接的・間接的に悪影響を与える要因を排除し、無駄の無い 資源エネルギーの活用を考え企業の社会的責任を自覚し、技術の向上を図っております。

●Randot X(新世代FMスクリーン)で豊かな階調表現と高精細印刷を実現
一般的に使用されているAMスクリーンは網点が一定の間隔で規則的に並んでおり、網点の大小で色の濃淡を表現します。このため、 安定した調子表現が得られ、印刷しやすい長所をもっています。しかし、細かい柄の印刷などでは、モアレ発生する可能性を否定 できません。そのためRandot Xは一定の大きさの網点をランダムに分布させ、その密度によって濃淡を表現します。